お知らせ

イベントメニュー



スラロームタイムトライアルとは


インラインスケートでパイロンを一列に並べたコースを滑り抜けるタイムを競います。

タイムスケジュール・集合場所

1人2本測定できます。
決められた時間内にランダムに2本滑走して、良い方のタイムで各クラス順位をつけます。
1本のみの滑走でも、表彰対象になります。
空いている時間に、早めの滑走をお願いします。

15:00より最速タイムを出した上位8名によるエキシビションマッチ(デュアルレース)が行われます。
15:00前に8名を大会本部の放送にて召集いたします。
速やかにスタート地点にお集まりください。

12:30〜14:30 測定時間(時間内に2本トライしてください)
15:00〜15:30 エキシビションマッチ

出場条件

Aコース(またはBコース)を申し込んでいる方が参加できます。

クラス 対象
キッズ 小学3年生以下
ジュニア 小学4年生〜6年生
シニア 45歳以上
男子オープン 中学生以上
女子オープン 中学生以上

コース詳細

助走10m、1.5m間隔にパイロン15個を直線上に並べられたコース。
最後のパイロンがゴール地点です。

ルール詳細

滑走方法について

パラレル、ワンフット、クロス、オープンなどすべてOKですが、、スウィズルは禁止とします。
また、途中で滑走方法を変えるのも禁止です。


スタートについて

スタートエリア(スタートラインから50cm後ろまでのエリア)内に片足を完全に納めた状態からスタートをしてください。

タイム計測方法

スターターの合図の後、自分のタイミングで、スタートエリアに片足をつけた状態からスタート、ゴール判定は光電管になります。
計測器にトラブルがあった場合は、再度チャレンジしていただきます。
計測器のトラブル以外での再チャレンジは認められません。
また、パイロンの不通過ごとに、0.2秒が加算されます。

以下の場合はパイロン不通過となり、1個に付き0.2秒が加算されます。

  • パイロンを倒した場合、および蹴った場合。(パイロンキック)
  • パイロンの上を飛び越えた場合。
  • 地面につけた足が、パイロンの同じ側を連続して通過した場合。(例、スウィズル、連続パイロンまたぎ等)
  • 滑走方法を途中で変更した場合。(例、ワンフット→パラレル、クロス→パラレル等)
  • パイロンキックまたはパイロンを飛び越えた場合は、該当する全てのパイロンが不通過となります。
    (例:15個全て倒した場合は不通過15個)
  • 不通過となったパイロンの次のパイロンは、パイロンキックや飛び越えない限り、通過とします。
    (例:15個全てまたいだ場合は不通過7個)
  • 1個目のパイロンの横までは走ってかまいません。ただし、2個目のパイロンを通過する時点で滑走を開始してください。


順位決定方法

クラス毎に、タイムにて順位を決定します。

エキシビションマッチについて

全クラス総合上位8名で最後にデュアルスラロームのトーナメントを行います。
選ばれた方は、是非とも参加をお願いします。
なお、これはエキシビションですので、スラロームタイムトライアルの表彰には、関係ありません。
プライドをかけて勝負してください。
選ばれた方は、すみやかにスタート付近に集合してください。

エキシビションルール

二人同時に滑走し、先着が5ポイント、後着が0ポイントを獲得します。
パイロン不通過1個に付きマイナス2ポイントし、ポイントが多い走者が勝ちぬけです。
※先着の不通過数が、後着よりも3個以上多い場合は、勝者が逆転します。
スターターの合図で二人同時にスタートします。
(「位置について」→「用意」→「スタート(笛)」)
「用意」の声の後、笛がなるまでの間に足を動かした場合はフライングとなります。
フライングを2回行った走者は失格になります。
パイロンの通過方法は予選と同じです。

表彰

クラス毎の3位までを表彰し、副賞が供与されます。
クラスの優勝者には金メダルが贈呈されます。

エキシビションマッチでは表彰はありません。

プロテクター装備規定

  • 全てのクラスで、 ヘルメット/ニーパッド/エルボーパッド/ リストガード(グローブ不可)の装着が必須です。
    ※装着なき場合、レースに出場できません。

注意事項

  • ゼッケンは、背中と右腿に装着してください。